ネット副業 豆知識

画像データのExif情報と削除する方法

投稿日:

個人情報保護サイトやブログに画像を載せる事は今や当たり前の時代。
そして手軽に写真を撮影できるスマホやタブレットを誰もが持っている時代。

撮影した画像をSNSに簡単に公開できる時代。
そこでちょっと不安を感じている人も多いのではないでしょうか。そしてちょっとしたトラブルに巻き込まれたりした経験がある方も多いのではないでしょうか。

簡単に画像を公開できる時代だから、それによって起こるトラブルを防ぐ方法を知っておかなくてはいけません。
そこで、その防止方法の1つである画像のExif情報の削除方法について解説します。

画像の「Exif情報」でどうやって情報が漏れるのか

デジカメやスマホで撮影した画像には「Exif情報」と言われるものが付加されています。
この情報には一体何が含まれているのか、そしてそれは公開するとどうなるでしょう。

「Exif情報」とは一体何?

それでは「Exif情報」とは一体何なのかを説明したいと思います。
「Exif情報」とは、写真に付加された撮影日時や撮影した位置、カメラの機種や設定状況などの情報の事をいいます。そしてその情報は下図の様に、画像のプロパティで簡単に見ることが出来ます。

この情報を見る方法はWindowsパソコンであれば画像ファイルを選択して「プロパティ」の詳細タブで下の図のように情報の内容を確認することができます。

画像プロパティ

この情報は設定状況にもよりますが、スマホやデジカメで撮影すると自動的に画像データに付加されてしまいます。

この情報を見ることで、誰がいつどこで、どんなカメラで、どんな設定をして画像を撮影したか簡単に分かってしまいます。

Exif情報で個人情報が特定されてしまう危険性がある

Exif情報に何故そのような個人情報が含まれてしまうのか、それについて解説します。

住所の様な位置情報が何故わかるのか

GPS最近のデジタルカメラやスマホにはGPS機能が付いています。このGPS機能によってカメラ、スマホの位置が特定されてしまいます。

GPS機能をONにした状態で撮影すると、その位置情報が自動的に画像ファイルに付加されてしまいます。付加される位置情報は「緯度経度」の情報で、付加されます。この情報があればGoogleMapの様なアプリで簡単に場所を探す事ができます。

仮に自分の家の周辺や家の中でGPS機能がONになった状態で撮影して、そのままSNSに公開してしまうと見た人が画像を自分のパソコンなどに保存して画像データのプロパティを見ると簡単に位置を特定できるため、撮影者の住所が特定されてしまいます。

まだGPSの様な機能の精度がある程度あいまいな状態なので、数十メートルなどの範囲の特定しかできないと思いますが、今後この米国のGPSに頼らずに、日本の衛星を利用した位置特定(衛星測位システム)の精度はどんどん向上していきます。最終的には完全に場所を特定できる精度になると思います。

そうなるとより一層画像に付加された位置情報の取り扱いには注意が必要です。
SNSの中には画像を公開する際に自動的にこの位置情報を削除してくれるものもあるようです。情報の取り扱いにとても慎重になっているという証拠ですね。

個人の名前が何故分かるのか

個人情報位置情報はGPS機能により付加されることはわかりましたが、それでは何故個人の名前が分かってしまうのでしょう。
個人の名前が分かってしまう原因の1つとして、カメラに個人の名前を設定した場合などが考えられます。

カメラによっては、作成者や著作権者の名前を設定できるカメラがあります。そこに本名を設定してしまっていると、画像のExif情報に名前が付加されてしまいます。

ニックネームなどを設定しているなら問題は無いのでしょうが、ここの本名を設定してしまっているとちょっと怖い気がします。有名なカメラマンで本名で活動している方などにとってはとても便利な機能なのでしょうが、本名を公開したくない人にとっては、ちょっと怖い機能の言えます。

画像への写り込みで場所が特定されることも

GPS機能だけでなくある程度の住所や現在地が確認できる場合があります。
それは画像に写っている物からの判明です。

画像の中に番地などの標識が入った物が写り込んでいるといつどこにいたのかが判明してしまいます。電信柱や自動販売機、道路の案内標識、目印となる有名な施設や建物など、場所を特定できる物は沢山存在します。それらが写真に写り込んでいると、場所をある程度特定することが可能になります。

このように個人情報は様々な方法で公開されてしまう場合が考えられます。絶対に個人情報を公開したくない人は細心の注意を払ってブログやSNSを楽しんでください。

画像の「Exif情報」を削除する方法

それでは実際に画像データからExif情報を削除する方法を解説します。情報を削除したい画像を選択して右クリックして画像のプロパティを開きます。
画像のプロパティの中の詳細タブをクリックして開きます。下図は画像のプロパティの詳細タブを開いた状態です。

右下に「プロパティや個人情報を削除」とありますのでそれをクリックします。

画像プロパティ

下の図は「プロパティや個人情報を削除」をクリックした後の図です。

画像プロパティ削除

この中で「可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成」にチェックマークが入っているのを確認して「OK」をクリックします。
ファイル名にコピーが付いているファイルが画像の情報が削除されたファイルになります。
これで、画像データの「Exif情報」が削除されています。

画像データのExif情報と削除する方法のまとめ

セキュリティここまで画像データに付加される「Exif情報」について解説してきましたが、ここで何故このExif情報が必要なの?と疑問を持った方もいると思います。

そもそも危険性があるなら「Exif情報」なんて付かないようにすればいいのに
Exif情報は使い方によってはとても便利な使い方が沢山あるんです。
正しい使い方をすれば危険を防ぐことは可能です!

しかしExif情報は画像データなど管理するソフトウェアなどでは、便利な検索機能などを利用することが出来て、使い方を正しく把握すればとても便利な使い方が出来る情報なんです。

これからの情報時代は、自分の個人情報を自分で正しく守っていくことも必要となります。安易にSNS等に情報や画像を公開してしまうと後で大変な事になる場合がありますので、正しい知識を身につけて楽しく安全にSNSやブログを活用しましょう!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-ネット副業, 豆知識
-, , ,

Copyright© 働くお父さん週末副業で稼ぐ!-成功への道- , 2018 All Rights Reserved.